かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

ウィルス性胃腸炎、一家全滅に備えよう

time 2016/01/30

ウィルス性胃腸炎、一家全滅に備えよう

胃腸炎で、一家全滅状態です。私も妻も子供たちも、みんなぐったりで、吐き気とダルさ、頭が少し痛いくらいの症状です。
冬の胃腸炎は、ノロウィルスやロタウィルス等が原因のウイルス性胃腸炎です。ウィルス性胃腸炎について予防法や胃腸炎になった際の対策、今回の私の反省をまとめました。

sponsored link

予防法

予防法は、以下です。

  • 十分な手洗い(特にトイレの後や、料理を作る前、食事の前)
  • カキなどの2枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱
  • 胃腸炎の人の便や嘔吐物を処理する時は、使い捨て手袋とマスクを着用し、処理後は十分な手洗い
  • 嘔吐は周りに飛び散らないように、トイレや洗面器等にする(立ったまま床にすると、数メートル飛び散る)←これが乳幼児には難しい
  • 嘔吐物は、すぐに片付けて袋に密閉する
  • ロタウィルスによる胃腸炎は、乳幼児は重症化しやすいので、任意の予防接種があるので、事前に接種を検討(アメリカでは必須の予防接種です)

対策

対策は、以下です。

  • 平均24時間~48時間で酷い症状を治まるので希望を持って耐える
  • 初期は嘔吐しない程度に、少量の水分を小分けにしてとる、食べられるようなら、お粥等の胃に優しい物を少量から
  • 水分は、経口補水液がベストだか、飲みにくい場合はポカリスエット
  • 下痢止めや、吐き気止めは飲まない(早く原因を外に出しきった方が良い)
  • 乳幼児や高齢者は、脱水症状を生じることがあるので、あまりに元気がない場合は病院へ(点滴で、酷い脱水症状は緩和できる重い状態から回復することもある)
  • 特に高齢者は、誤嚥(嘔吐物が気管に入る)から肺炎を引き起こすことがあるため注意体調の変化に注意

一家全滅の前に万全の対策を

小さい子供がいる場合、家族の誰かが胃腸炎になった場合は、一家全滅も覚悟すべきです。子供だけ隔離したりすることは、難しいです。

また、子供の便や嘔吐物の処理は、大人がやらなければなりません。すべての作業を手袋付きでは、やりにくいのです。

そこで、家族の誰かに胃腸炎の疑いが少しでもあれば、飲み物や簡単に出来るインスタントのお粥等を事前に準備しましょう。体調が悪化してから出掛けるのも辛いですし、誰かに来てもらうのも感染な可能性があるので申し訳ないです。

我が家も昨日のうちに、準備万端にしておいたおかげで、今日は家に引きこもる事が出来ました。

私の今回の反省点

2日前から、次男が食事をあまり食べなくなっていました。次男は、低身長気味なので、無理に食べさせてまいました。そのため余計に胃腸を弱らせてしまったと反省しています。

ただ単にワガママを言っているだけなのか、体調が悪いのか、見極めが必用です。オモチャやテレビの誘惑がなく、お菓子も食べ過ぎていない状況なら体調が悪いことを疑うべきです。

まとめ

ウイルス性胃腸炎、対策でまとめたことを実戦、特にこまめな水分補給を心掛けて、重症化しないように注意しましょう。

私も本当に辛いです。平均24時間~48時間で酷い症状は治まるという情報を希望に頑張ります。

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link