かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

鮭とエビのチャーハン、野菜とキノコもたっぷり

time 2016/02/07

鮭とエビのチャーハン、野菜とキノコもたっぷり

今回作ったのは、鮭とエビのチャーハンです。

我が家では、次男(2歳)が卵アレルギーのため、チャーハンを作る際には、卵を使わなくても美味しく、またタンパク質も取れるように工夫しています。
そこで今回は、卵の代わりの味のインパクトとタンパク源になるようにと、鮭とエビを使用してのチャーハンにチャレンジしました。

※ちなみに、次男の卵アレルギーは、軽度なものでそこまで心配してはいません。

sponsored link

鮭とエビのチャーハンのレシピ

私の作った鮭とエビのチャーハンの材料と調理方法です。味付けは、おかかと鶏がらスープの素がまとめてくれるので、失敗は少ないです。

材料

  • エビ(冷凍)
  • 豚肉のこま切れ
  • 野菜(ネギ・玉ねぎ)
  • キノコ(マイタケ)
  • ご飯

調味料

  • コショウ
  • しょうゆ
  • 鶏がらスープの素(味の素)
  • おかか

調理方法

  1. 鮭を焼く(表面に焦げ目が少し付く程度)
  2. 冷凍エビを解凍(料理酒+塩水につけて解凍、詳細は後述)
  3. 解凍したエビの背ワタをとる
  4. 野菜とキノコ、肉、エビを細かくみじん切りにする
  5. 鮭の骨を取り除いて、細かくほぐす(皮を入れてもおいしいです、コラーゲン!)
  6. 野菜とキノコ、肉、エビを炒める(ネギが軽く焦げる手前くらいまで)
  7. ご飯と鮭、調味料を投入、しょうゆはフライパンのあいている部分に垂らし、焦がし気味にしてから混ぜると香ばしくなる
  8. よく混ぜて2~3分炒めたら完成!

冷凍エビの解凍

冷凍エビを使う場合、解凍の必要があります。その方法ですが、料理酒+塩水に浸して行います。季節にもよりますが、1時間~1時間30分程度で解凍できます。

冷凍エビは、そのまま自然解凍だと臭みが出てしまう場合があります。そこで料理酒と塩水を混ぜたものに浸して解凍することで、臭みを抑える事が出来ます。

子供用に盛り付けを一工夫

少しでも子供達に美味しく食べてもらうために、盛り付けを一工夫!

ご飯茶碗にチャーハンを詰めて、それを皿にひっくり返します。

いつもと違う感じに、子供達のテンションが上がります!旗もつければベストですね。

目玉焼きやミニトマトを添えてあげれば、見た目抜群のお子様ランチになりそうです。

まとめ

鮭とエビのチャーハン、野菜やキノコ、魚まとめて美味しくたくさん食べられます。野菜が苦手の子供たちもたくさん食べてくれました。
エビの背ワタとりや解凍など、少々めんどくさい作業もありましたが、その苦労を上回る美味しいチャーハンが出来ました。

いつもの卵チャーハンとは違うチャーハンを作ろうと考えている方は、ぜひ!

関連

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link