かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

フリーランスの収入がなくなる不安と、たった2つの対処法

time 2016/02/20

フリーランスの収入がなくなる不安と、たった2つの対処法

フリーランスになると、時々このまま食べていけるのか、ものすごく不安を感じたりします。
本記事では、私の体験を元にしたフリーランスの不安についてと、その対策についてまとめました。

sponsored link

仕事が無くなることへの不安

フリーランスは、収入や立場が不安定です。今日は順調でも、もしかしたら来月は仕事が無くなるかもしれません。もしそうなると、私だけでなく家族みんなご飯が食べられなくなります。
もちろん、それは理解した上で会社員を辞めてフリーになったわけですが、それでも不安は押し寄せてきます。

これまで3年弱フリーとして仕事をしてきましたが、顧客にも恵まれて楽しく仕事をしてこれました。
そのため、幸運にも、まだ収入が途切れたということも、そうなりそうになったこともありません。

それでも不安から夜眠れなくなったりすることもあります。
最近でこそ、慣れたためか、そういうことも少なくなりましたが、1年目のころは本当に酷かったですね。一睡も出来なかったということは、さすがにありませんでしたが、布団に入って2~3時間寝れないということよくありました。

不安に打ち勝つ、たった2つの対処法

来月は収入が無くなるかもしれない、というのは紛れもない事実です。そのため、その不安を完全に消し去ることは出来ませんが、軽減する事は可能です。

それは、仕事を継続して取れるようにすることと、本当に収入が無くなった時の備えを用意することです。

自分に力をつけて実績を残し、そして自信を持つ

仕事を継続して取れるようにする最も王道は、自分に力をつけて実績を残し、そして自信を持つことです。

もちろん、実績をうまくアピールしたりすることも重要ですが、自分の実力が伴わなければ、逆に信用を失うことにもなりかねません。
やはり、自分に実力をつけることは、色々なことの大前提となります。

実力があり、その証明となる実績もある、それがオーラとして自信として表れている。

もし、そうであれば簡単に仕事が無くなることはないでしょう。

その観点で、私が気をつけていることをまとめると、以下のようになります。
(私は金融関連業務のシステムエンジニアの仕事をしています)
・システム関連の知識を磨くこと ⇒ 新しい技術の習得(本を見るだけでなく、実際に何か作ってみる、試してみる)と、資格の勉強(情報処理技術者試験やORACLE MASTER)
・業務知識を磨くこと ⇒ 毎日新聞を読む(広く浅い知識)と、株や投資信託を実際に買ってみる(具体的な知識)
・携わっているシステムの具体的で詳細な仕様の把握すること(担当分以外もなるべく把握する事を心がけています)
・トラブルには積極的に絡む(トラブル解決は様々な知識・スキルが求められ、またそれを組み合わせる必要があり、かつ、それを短時間で達成すること重要なため、非常に鍛えられる)

上記を続けていれば、自然と実績が残り、自信もついてきます。

いざという時のための貯金

そうはいっても、リーマンショックのような非常事態で仕事が無くなることや、病気や怪我で収入が途切れること心配は残ります。

そのためにも、普段の収入から貯金や投資でお金を貯めておくとよいです。
少なくとも、収入が途切れたら、即食べるものや住む場所にも困るというのは、やめましょう。
多少の蓄えがあれば、危機の対処に猶予が出来るので、なんとかする事が出来ます。

そうなると、普段からそこまで悩む必要は無くなります。

まとめ

フリーランスは、収入や立場が不安定です。
そのため、それが不安となり夜眠れないということにもなれば、普段のパフォーマンスが低下し悪循環となります。
そうならないためにも、その不安に打ち勝つために、仕事を継続して取れるようにすることと、本当に収入が無くなった時の備えを用意することを実践しましょう。

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link