かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

2人目育児はラクってことはない

time 2016/02/28

2人目育児はラクってことはない

よく世間では、「2人目育児はラク」と言われています。本当にそうなのでしょうか。少なくとも我が家を例にとると、「そんなことない!2人目育児の方が大変!」です。

sponsored link

我が家の事情

我が家には、長男(4歳)と次男(2歳)の子供がいます。

次男は、年の近い兄がいるせいか、同じ月齢のころの兄と比べると言葉を覚えるのが早く、運動能力が高いです。

長男がが、プレ保育(幼稚園年少の1学年下の未就園児クラス)に入学時に、ほとんど会話出来ませんでしたし、ジャンプも出来ませんでした。
一方、次男はすでに会話も出来るし、ジャンプでソファーの間を平気で飛び回ります。

しかし、心の面ではあまり違いがないのだろうと思います。

2歳と言えば、「魔の2歳児」と言われているように、様々なことに嫌々をしたり、反抗したりする年齢です。
長男も次男も、例にもれず嫌々や反抗を繰り返しました。

長男の場合は、言葉が喋れなかったこともあり、泣いたりすることが主でしたので、特別大変だった記憶はありません。可愛いもんでした。
しかし次男の場合は、喋れることもあり、泣く喚く、文句を言う、何でもありです。「やっだよー」と言って走り去ってしまうのは日常茶飯事です。

私は土日の方が平日よりも疲れます。日曜の夜には、ぐったりです。平日1日中いっしょにいる妻は、相当大変でしょう。

また、運動能力が高いことも凶器になります。
私が寝ていると、平気でお腹の上にジャンプしてきます。何回悶絶したことか。「止めて」といっても全く辞めてくれません。

怒るとその場では、シュンとし、もうしないと言いますが、3分後には同じことをまた繰り返します。

2人目育児はラクと言われる理由

2人目育児はラクと言われるのは、やはり「親が子育てに慣れる」というためかと考えます。

確かにそういう意味では、次男の時の方が、夜泣きへの対処や熱が出た時の対処など、慌てることは減りました。
長男の時は、夜寝ないで永遠と抱っこしてくるとが多かったのに、次男の時は、横で添い寝してれば大丈夫という感じでしたしね。

結局は、子供次第

そう考えると、一般的には1人目よりも2人目の方が、親が慣れている分ラクな傾向があるが絶対ではないということでしょう。
結局は、子供の性格や成長度合など、それぞれの子供次第です。

まとめ

よく世間では、「2人目育児はラク」と言われてますが、決してそんなことはありません。それは子供次第です。
少なくとも我が家では、次男の嫌々期に、私と妻、長男も日々苦労しています。

次男も可愛いのですが、大変なことが多いというのが正直な感想です。

プレ保育に通えば、周りに揉まれて、少しは嫌々期が緩和してくれることを願っています。

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link