かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

コストコのプルコギビーフ、美味しいけど辛くない、子供もよく食べる

time 2016/03/20

コストコのプルコギビーフ、美味しいけど辛くない、子供もよく食べる

コストコに買い物に行った際には、必ず買って帰るものがあります。
それは「プルコギビーフ(韓国風焼肉)」です。

これが美味しいのに安いので、我が家のお気に入りです。

本記事では、このコストコのプルコギビーフについて紹介します。

sponsored link

プルコギビーフとは

コストコのプルコギビーフは、アメリカ産の牛肉をプルコギ風の味付けをしたものです。

この日は、100グラム160円で売られていました。2~3年前は、120円くらいで販売されていたので、結構値段が上がっていますね。
これは、牛肉がアメリカ産のため為替が大きく影響をしているためでしょう。2~3年前はかなりの円高でしたからね。

しかし高くなっているとはいっても100グラム160円なら、牛肉でしかも味付けされていることを考えれば、かなり格安だといえます。

では、牛肉の質が悪いのかという疑問がわきますよね。

商品に品質を表しているシールが貼られていたので調べてみました。
アメリカ産の牛肉は米国農務省(USDA)が等級分けをしています。
プルコギビーフで使用されている牛肉は、かなりの上位ランクであるチョイスと呼ばれる等級のようです。

アメリカの牛肉の多くがチョイスに分類されているようなので、アメリカの一般的な牛肉を使用しているといったかんじでしょうか。
激安の悪い肉を使用しているわけではなさそうなので、安心しました。

肝心の味は、美味しいが少し濃いめ

肝心の味ですが、とても美味しくご飯に良く合います。何杯でも食べられそうです。
ただし、個人差はると思いますが、少し濃い目かなと、私は感じています。

なので、濃いと感じる方は、野菜やキノコと絡めて焼くことをお勧めします。
かかっているプルコギのタレがとても美味しいので、野菜やキノコにも良く合いますよ!

また、全く辛くないので、小さい子供にもお勧めです。我が家の子供たちも、ご飯と一緒に結構食べていますね。

コストコなので量は多め

ただし、コストコなので、例にもれず、量は多めです。消費期限が購入日から3日なので、大家族でない限りは食べきれない量です。

その場合には、小分けにして冷凍しましょう。冷凍しても、味はほとんど落ちることはありません。

我が家の場合は、買ってきたらすぐに一回使う分ごとに小分けして冷凍してしまいます。
(やっているのは妻ですが。いつもありがとう。)

買う前に味を確かめたい場合には

大容量なので買う前に味を確かめたいと、初めて買おうとしている人は思うでしょう。
試食をやっている場合もあるので、試食をやっている場合はそれで確かめればよいです。

しかし、いつもやっているとは限りません。

その場合は、フードコートの「プルコギベイク」で試してみるとよいです。
パンの中に、プルコギが入っていて、これも結構美味しいです。

それで、美味しいと感じるなら、プルコギビーフは「買い」です!

まとめ

コストコのプルコギビーフ、とても美味しいのでお勧めです。コストコ行ったら、とりあえずこれは買っておけ、という感じです。
野菜やキノコと絡めて焼けば、美味しい肉野菜いためが簡単に出来あがります。
まだ買ったことのない方は、ぜひ!

店舗ホームページ
コストコ

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link