かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

麦の城の「かすうどん」と「かす蕎麦」、絶品です

time 2016/04/02

麦の城の「かすうどん」と「かす蕎麦」、絶品です

以前、大森駅から歩いて15秒の「麦の城」を当ブログで紹介しました。
このお店は、関東では少ない関西風の透き通った汁のうどんや蕎麦を出すお店です。安いのにとっても美味しいんですよ!

その際に、天ぷらうどん・蕎麦がお勧めと書いたのですが、もう一つお勧めが出来ました。
それは、「かすうどん・蕎麦」です。

本記事では、麦の城の「かすうどん・蕎麦」について、紹介します。

sponsored link

大森駅西口から歩いて15秒

お店は、大森駅中央改札から西口を出てすぐ右側、駅から歩いて15秒の場所にあります。
西口を出たら、すぐ右側にあるのですぐに見つかると思います。外観も何故かおしゃれな感じなので。

詳細は、前回の記事に詳しく書いています。

「かす」とは

かすうどん・蕎麦の「かす」とは、一体何なのか。
私も、このお店で出会うまで聞いたことはありませんでした。

かすうどんは、大阪の南河内地域で食べられていたうどんです。

かすとは、牛の小腸をじっくりと素揚げした「油かす」のことです。
ホルモンなので、高タンパクで低脂肪、コラーゲンたっぷりです。

元々、大阪では割とポピュラーなうどんらしいです。最近では、テレビで紹介されることもあり、人気が全国に広がりつつあります。

麦の城のかすうどん

見た目

さて、麦の城のかすうどんは、どんな感じかというと、まずは野菜がたっぷりと乗っているのが目にとまります。
野菜は、白髪ねぎとミズナ、ミョウガですかね。

肝心のかすは、想像よりは少なめ。(牛丼みたいに入っているのを想像してた(笑))
やはり、手間とコストがかかるのでしょう。

そして、麦の城の特徴でもある関西系の透き通った汁ですね。

とても食欲をそそります!

そして肝心の味はというと、かすは油でじっくり揚げているためか固い感じですが、噛んでいると肉の旨みと程良い臭みが溢れてきます。これがうどんによく合う!

またその旨みが汁にも染み出ていて、とてもコクがある汁に仕上がっています。しかし、多少懸念していた脂っこそうということは一切ありません。
それは、さっぱり系の野菜がたくさん乗っているためということもあるかと思います。
最後までクドく感じることなく美味しく食べられました。

そしてスダチが付いていて、それを絞ると、さらにさっぱりとした癖になる味わいに!

こんなインパクトのあるうどんにはなかなか巡り合えません。
特に男性にお勧めですが、このお店なら女性でもクドくなく食べられると思います。

蕎麦も美味しいですよ

この麦の城、うどんだけでなく蕎麦も置いてあります。

そして私は、蕎麦が好きで、このお店に来たらいつも蕎麦にしているのですが、この「かす」は蕎麦でもよく合います。

そこはお好みで選びましょう。どちらでも後悔はしないですよ!

そして、実はこの記事のトップ画像は「かす蕎麦」なんです。。

まとめ

麦の城の「かすうどん」と「かす蕎麦」。美味しくてコクのあるうどん・蕎麦です。適度な油の濃さで野菜のさっぱりさで、最後まで美味しく食べられますよ!
気になった方はぜひ!

(記事を書いていたら、食べたくなってきた。。)

関連

店舗ホームページ
麦の城

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link