かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

牛肉のビール煮、苦みと旨みがクセになる

time 2016/04/24

牛肉のビール煮、苦みと旨みがクセになる

今日は、苦味がポイントの料理、牛肉のビール煮を作りました。

大人向けのメニューではありますが、アルコールは完全にとんでいるので、子供が食べても問題なし。味も好みだと思います。

ビールの苦みが食欲をそそるメニューで、お酒にもご飯にも非常によく合いますよ!

sponsored link

牛肉のビール煮のレシピ

cookpadには、牛肉の塊を使ったメニューが多く紹介されています。しかし今回使用するのは、牛肩の薄い肉です。
子供が小さくても食べやすい点と塊肉よりも圧倒的に安い点から、これを使用しました。

また、調味料の種類も少なめ、失敗しにくいです。

以下、私の作った牛肉のビール煮の材料と調理方法です。
材料(大人2人と小さい子供2人で満足できる量)

  • 牛肉(肩薄切り)(500グラム)
  • 玉ねぎ(1個)
  • マイタケ(1房)
  • エリンギ(大1・小2)

調味料

  • 塩(少々)
  • コショウ(少々)
  • 鶏ガラスープの素(少々)
  • ビール(350ml)
  • 水(適量)

調理方法

  1. 玉ねぎとエリンギとマイタケを2センチ~3センチ程度の長さに切る(玉ねぎとエリンギは薄目)
  2. 玉ねぎとエリンギとマイタケをフライパンに入れて、玉ねぎがしんなりするまで炒める
  3. 牛肉を入れて、塩コショウをし、牛肉に色が付く程度まで炒める
  4. ビールと鶏ガラスープの素を投入し、30分程度弱火~中火でぐつぐつと煮込む
  5. 途中、水分が無くなってきたら、水を少量足して煮込む
  6. 水分がほぼ無くなったところで、完成!
20160424-2

ポイントは、アルコールをしっかりとばすこと

この料理、結構ビールを入れます。初めて作る際は、「大丈夫か!?」と感じると思います。
でもそのビールから出る、苦味が牛肉にマッチしてとても美味しいんです。

しかし、注意点が一つ。

煮込む時間が短いと、アルコールがとびきらず、ビール臭さやアルコール感が残ってしまいます。
そうなると大失敗で、不評を買うこと間違いなし。私も経験があります。要注意です。

キノコは入れ替えるのもあり

今回は、キノコをマイタケとエリンギを使用しましたが、別のキノコを使ってもおいしいと思います。

王道は、マッシュルームでしょうか。
シイタケも、アクセントがあって美味しそうです。私は次回、このシイタケを入れてみるつもりです。

まとめ

ビールの苦みと牛肉の旨みがとても相性が良い牛肉のビール煮、とても美味しいのに結構手軽に出来るので非常にオススメ!

手軽にも関わらず、少し特別な感じのする料理なので、お祝いの日に作って出しても、喜ばれると思います。

ぜひ作って食べてみて下さい。

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link