かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

シャボン玉を作るおもちゃ

time 2016/09/24

シャボン玉を作るおもちゃ

今日は子供2人とシャボン玉をして遊びました。

私の知っていたシャボン玉は、ストロー状の先をシャボン液につけて口で吹いて作るというもの。

しかし、最新のシャボン玉は違います。

口で吹かずに、子供でも簡単に大量に作れてしまうんです!

sponsored link

小さい子には難しい

下の2歳の子供では、まだ普通のシャボン玉は難しいです。

液体をつけた方を口につけたり、吹くのではなく吸い込んだり…。

多少練習すれば出来るかもしれませんが、小さい子ではそれも難しいですよね。

そこで、シャボン玉を簡単に作るおもちゃが非常に役に立ちます。

最近では、シャボン玉を作るおもちゃが結構出ています。

中には、自動で大量のシャボン玉を作ることが出来る数千円するようなおもちゃもあるようですが、そこまで本格的なものでなくても十分楽しめます。

我が家にあるシャボン玉を作るおもちゃ

ピストル型のおもちゃ

20160924-3
これは、ピストル型のシャボン玉を作れるおもちゃです。

引き金を引く力を利用し、プロペラが回って風が起こる仕組みのようです。

銃口にシャボン液をつけて、引き金を何回も引くと、シャボン玉を作ることができます。簡単に大量の作れます。

4歳位の子供であれば、十分に使いこなすことが出来ると思います。

電池で風がおこるタイプのおもちゃ

20160924-4
こちらは、引き金を引く力ではなく、電気でモーターを回して風を起こすおもちゃです。電池を入れて使います。

最初に紹介したおもちゃは、引き金を引くのに力やコツが必要で、小さい子供には若干難しいようです。

そこで、それすらも自動となったこのおもちゃです。

2歳の子供でも、簡単にたくさんのシャボン玉が出来るので、大興奮して楽しんでいました。

ただし、手軽であるが故に、あっという間にシャボン液が無くなるのご注意ください。

購入場所&値段

これらのおもちゃ、なんと100均で買ったものです。セリアとかダイソーとかですね。

ということで、値段は100円。その値段でこれだけ楽しめれば、とっても安いです。

シャボン液も100均で売っているので、合わせて買っておけばよいと思います。

まとめ

シャボン玉、私はそこまで遊んだ記憶がなく、シャボン液もよく余っていました。

それが今や、さまざまな便利なおもちゃがあり、より楽しめるものとなっています。

子供はもちろん大興奮して楽しめますし、大量のシャボン玉は結構キレイなので、大人も十分に楽しむことができます。

また、子供とシャボン玉との写真は、非常にかわいいので、ぜひ撮ってみて下さい。萌えますよ!!

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link