かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

炊飯器で簡単、カレーピラフ

time 2017/01/29

炊飯器で簡単、カレーピラフ

子供たちが、なかなか野菜を食べてくれません。そのため、色々試行錯誤しているのですが、なんだかんだでカレーライスが最も野菜を食べてくれますね。

ただ、いつも普通のカレーライスでは面白くないので、カレーピラフにアレンジしてみました。これが大成功で、子供たちがたくさん食べてくれました!

そしてもう一つ大切なことは、簡単にできること!

今日は、美味しい&野菜をたくさん食べられる&手軽を兼ね揃えた「炊飯器で簡単にできるカレーピラフ」を紹介します。

sponsored link

炊飯器で簡単にできるカレーピラフのレシピ

以下、「炊飯器で簡単にできるカレーピラフ」の材料と調理方法です。

材料(大人2人と小さい子供2人で満足できる量)

  • 米(2合)
  • シーチキン(1缶)
  • ニラ(1束)
  • 玉ねぎ(1個)
  • ニンジン(1/2個)
  • ピーマン(2個)

調味料

  • カレー粉(熟カレー2欠片(2/8箱))
  • 鶏ガラスープの素(小さじ1程度)
  • ニンニク(チューブ)(1cm程度)

調理方法

  1. 炊飯器に米を入れて研ぎ、普通に米を炊く際よりも若干少ない程度に水を入れる(野菜から水が出るため少なめでよい)
  2. 野菜をみじんぎりにして、炊飯器に投入する
  3. シーチキンの余分な油を取り除き、ほぐしながら炊飯器に投入する
  4. カレー粉をみじんぎりにして、炊飯器に投入する
  5. 鶏ガラスープの素とニンニク(チューブ)を炊飯器に投入する
  6. 米を具材、調味料をよくかき混ぜて、炊飯器のスイッチをオン(通常通り炊く)
  7. 炊きあがったら、よくかき混ぜて完成!
20170129-2

重要なことは、量を少なくすること!

実は、このカレーピラフ、1度失敗しているんです。芯は残っているし、全体的にびちゃびちゃだし。大失敗でした。

原因は、量を作りすぎたことでした。たくさん食べたいからと欲張って、5合炊きの炊飯器で、4合作ろうとしていました。完全に許容量をオーバーしていたのでしょう。

5合炊きで2合程度(多くても3合まで)が、美味しく出来る限度です。うまく炊けるかどうか、量を少なくすることが重要です。

具材は冷蔵庫の余り物で大丈夫

今回、具材は通常のカレーの材料である玉ねぎとニンジンを使っていますが、冷蔵庫の余っている野菜やキノコを使って美味しく作ることができます。

キノコはマイタケやエリンギを使っても美味しかったです。また、逆に玉ねぎやニンジンは使わなくても十分美味しかったです。

カレー粉が味をまとめてくれるので、大抵は美味しく仕上がります。

まとめ

炊飯器で簡単にできるカレーピラフ、手軽に作ることができるし、野菜もたくさん食べられるし、何より美味しいので最高です。

また辛さも、カレー粉の辛さを調整することで簡単に調整できるのもよいですね。

ぜひ、作ってみて下さい。美味しいですよ!
関連

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link