かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

シーケンス(順序)で欠番が発生する原因5つ

time 2017/03/02

シーケンス(順序)で欠番が発生する原因5つ

ORACLEのシーケンス(順序)で欠番が発生することがあります。

本記事ではその原因について、まとめました。

sponsored link

シーケンスで欠番が発生!

シーケンスは、一意の値を生成するのに非常に便利です。

例えば、1から採番を開始、1つずつカウントアップするシーケンスを作成し、受注データの伝票番号を自前で採番する時に使用するといった使い方をします。

1つずつカウントアップするので、基本的には欠番は発生しないはずです。しかし、欠番が起きることがあります。

欠番が発生する原因

シーケンスを利用していて欠番が発生する原因は、以下の5つが考えられます。

ロールバック

ロールバックでデータの更新を取り消しても、カウントアップしたシーケンスは元に戻りません。トランザクション中にORACLEがダウンした場合も、再起動時のインスタンスリカバリでロールバックされるので同様に欠番が発生します。

ORACLEの再起動

ORACLEを再起動すると、事前にキャッシュしておいた値がクリアされてしまうため欠番が発生します。

シーケンスのキャッシュは、処理速度向上のために共有プール上に事前にシーケンスから値を取得して保持しておく機能です。

ORACLEを再起動すると、共有プールがクリアされてしまうため、キャッシュしておいたシーケンス値もクリアされ、結果として欠番となってしまいます。シーケンスをキャッシュしない設定の場合は発生しません。

キャッシュは、初回のシーケンスアクセス時と、キャッシュされた値を使い切った時に行われます。つまり、ORACLE起動後、一度もシーケンスにアクセスしていない状態でORACLEの再起動があっても、欠番は発生しません。

また、RAC環境の場合は、各ノードごとにキャッシュが行われているので、RACを構成する内の1つのノードが再起動した場合でも、欠番が発生します。

共有プールのクリア

明示的に共有プールのクリアを行った場合も、欠番が発生します。

これについても、シーケンスをキャッシュしない設定の場合は発生しません。

共有プールからエージアウト

共有プールにキャッシュしておいたシーケンス値ですが、しばらく使用していないと共有プールから追い出されます(エージアウト)。結果、欠番が発生します。

これについても、シーケンスをキャッシュしない設定の場合は発生しません。

人為的原因

本来、シーケンスを使用しているアプリケーション外でシーケンスを使用された場合、欠番が発生します。

現在のシーケンス値を確認するために、実際に【シーケンス.NEXTVAL】で値を取得していたシステム担当者がいたために、欠番が発生していた経験があります。

欠番は普通に発生する

ここまで見てきたように、欠番は普通に発生する現象です。

シーケンスを使用する場合は、欠番が発生しても問題とならないような設計にする必要があります。

まとめ

ORACLEのシーケンス(順序)の欠番、人為的な原因を除けば、ロールバックと、共有プールからキャッシュされたシーケンス値がクリアまたはキャッシュアウトされた場合に発生します。

欠番は普通に発生する現象ですので、シーケンスを使用する場合は、欠番が発生しても問題とならないような設計にしましょう。

関連



sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link