かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

CASE式を使ってみよう、応用編part1

time 2016/01/14

CASE式を使ってみよう、応用編part1

CASE式を使用することで、SQL中で条件制御を行うことが出来ます。
本記事では、更新文(UPDATE)やソート(ORDER BY)を絡めるという応用的な使い方を紹介していきたいと思います。

sponsored link

更新文(UPDATE)での使用

UPDATE文の中で使用することで、更新する値に条件をつけることが出来ます。こうすることで、複数回の更新SQLを1回にまとめる事が出来ます。

例えば、商品価格を以下の条件で更新するとします。

  • 価格10000円以上の商品は、価格を1.2倍する
  • 価格1000円以上10000円未満の商品は、価格を1.1倍する
  • 価格1000円未満の商品は、価格を0.9倍する
  • 端数は切捨て

CASE式を使わない場合

CASE式を使う場合

更新SQLを1回にまとめられるだけでなく、更新SQLを複数回に分けた場合は、更新する順序に気をつける必要があります。
例えば、上記の例で9900円の商品があった場合で1000円以上10000円未満の商品の更新を先に実施した場合を考えてみましょう。
9900円を1.1倍し結果が10890円になります。さらに10000円以上なので次の更新条件の10000円以上の対象にもなり、10890円を1.2倍し結果が13068円になってしまいます。
本来は、10890円にするのが正しいにも関わらずです。

1回のSQLにまとめることで、こうした心配も不要になります。

ソート(ORDER BY)での使用

ソート(ORDER BY)の中で使用することで、複雑なソート順を実現する事が出来ます。

例えば、商品価格を価格の小さい順でソートするとします。ただし、価格が決まっていない商品は0円で登録されており、その場合はソートの最後尾にします。

まとめ

本記事では、更新文やソートが絡んだ使い方を紹介しました。
CASE式は、応用することでSQLで出来ることが大きく広がります。
動作を理解し、ぜひ利用してみましょう。

関連(CASE式)



関連(DECODE関数)

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link