かなめのロジック

フリーランスSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、金融、フリーの働き方について主に書いています。

鶏肉のマヨポン炒め(ニンニク風味)、こってり&さっぱり♪

time 2017/02/21

鶏肉のマヨポン炒め(ニンニク風味)、こってり&さっぱり♪

本日は、低脂肪・高たんぱくでヘルシーな鳥の胸肉を使ったレシピ「鶏肉のマヨポン炒め(ニンニク風味)」を紹介します。

ニンニクのこってりと、ポン酢のさっぱりが非常にマッチしているので、大人や子供、男女問わずオススメです。

sponsored link

鶏肉のマヨポン炒め(ニンニク風味)のレシピ

以下、鶏の胸肉を使った「鶏肉のマヨポン炒め(ニンニク風味)」の材料と調理方法です。

材料(大人2人と小さい子供2人で満足できる量)

  • 鳥の胸肉(500グラム)
  • ネギ(少々)

調味料

  • (調味料1)醤油(大さじ1)
  • (調味料1)料理酒(大さじ2)
  • (調味料1)コショウ(少々)
  • (調味料1)ニンニクチューブ(2cm)
  • 片栗粉(適量)
  • (調味料2)ごま油(少々)
  • (調味料2)マヨネーズ(大さじ1)
  • (調味料3)ポン酢(大さじ2)
  • (調味料3)マヨネーズ(大さじ2)

調理方法

  1. ネギを細かく切り、皿によけておく
  2. 鳥の胸肉を1cm~2cm程度に切る(小さい子がいる場合は小さい方が食べやすいのでオススメ)
  3. 切った肉と調味料1をビニール袋に入れて、まんべんなく絡ませてから、30分程度置く
  4. ビニール袋から肉を取り出して、片栗粉をまんべんなくまぶす(めんどくさい場合は、ビニール袋内に片栗粉を直接入れてまぶしてもよいです)
  5. フライパンに調味料2を入れた後、火をつけ、マヨネーズが溶けだす程度まで温める(焦がさないように気をつける)
  6. 肉を両面焼き色が付くまで炒める(焦げやすいので注意!)
  7. 肉が大きい場合は、蓋をして、弱火で中まで火を通す
  8. 調味料3をフライパンに投入しよく絡める(味が薄ければ、ポン酢やマヨネーズをお好みで追加)
  9. 皿に盛りつけ、切っておいたネギをかけて完成!
20170221-2

注意点

マヨネーズが溶けにくい

カロリーが低いタイプのマヨネーズの場合は、油といっしょに入れる際に、なかなか溶けださないことがあります。

その場合は、少し温める時間を長くし、溶けだすのを待ちましょう。

完全に溶けるまで待つことはないので、マヨネーズが沸騰しだしたら、鳥肉を入れて問題ないでしょう。

焦げやすい

胸肉は、もも肉に比べて、焼いていても油が出ません。また、片栗粉をまぶしていることで少々焦げやすいです。

片栗粉は胸肉を美味しく食べる上で、欠かせない材料です。

炒める際に、ひっくり返すことを繰り返し、焦げないように注意しましょう。

まとめ

鶏肉のマヨポン炒め(ニンニク風味)、こってりしているので、満足感があります。

しかしながら、ポン酢を使用しているため、非常にさっぱりしています。

食べるのが止まらないので、ご注意ください♪

sponsored link

管理人

かなめ

フリーランスになって5年目の業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]

管理人twitter

ブログ村

人気ブログランキング



sponsored link